まいにー【MyNY】

マルチ商法の勧誘にあったので、慌てて逃げてきた話。

スポンサーリンク

こんにちは、コダックです。

僕は社会人になってから3度もマルチ商法の勧誘に会いました。

1度目は街コンで。2度目はセミナー

そして3度目は一緒にセミナーに行った友人から。泣

 

 

特に3度目は友人、仕事辞めちゃってますから。

マルチにハマって仕事やめちゃいましたから。ほんとに洒落にならない。

 

 

マルチの勧誘員に街コンで出会った

 

3度の勧誘を何とか、躱してきた僕でしたが、最初の街コンからの勧誘は結構危険なゾーンまで行くとこでした。

 

 

具体的にはルームシェアさせられる寸前まで。汗

 

勧誘の手口

僕の場合は街コンで連絡先を交換する所から始まりました。そして後日「飲みに行きませんかあ~?」とか誘われて遊びに行きました。

この時点ではマルチの事は全く話に出てこないんですね。

でもしばらく連絡しなかったりすると、「また会いたいです♥」みたいなLINEが。

 

 

これを見て当時の僕は

f:id:koduck110:20170422005244j:plain

ねえねえ神様、これがモテ期ってやつですかあ!?

とか思ってたわけです。(後に号泣)

 

 

マルチの教典「金持ち父さん」

そして何回か遊びに行った時、彼女が「この本知ってる?すごい本なんだ!」とカバンから取り出した本がありました。

そう、「金持ち父さん貧乏父さん」(以下「金持ち父さん」)です。

 

 

そこから「貸してあげるから読んでみて!」とすごい勢いで貸し付けられるわけです。

もちろん彼女は「次回、絶対に感想聞かせてね!」という念押しも忘れません。

 

 

こうして僕は次に会うまでに「金持ち父さん」の読破を約束する事になったのでした。

(途中LINEで何度も「もう読んだ?」という催促あり)

 

 

「金持ち父さん」の概要を3行で

ちなみに、「金持ち父さん」ですが、結構有名ですよね。

本屋に行くと大抵平積みされてますし、ちょっと意識高い人なら読んだ事のある人も多いかもしれません。

 

 

内容を簡単に説明すると

・「お金は仕事して貯めるだけだと限界があるよ!

・「だからお金に働いてもらうよ!

・「お金に働いてもらう為に自分のビジネスをもったり、不動産に投資するよ!

   といった内容です。

 

先に言っておきますが、この「金持ち父さん」って本は大変タメになる本です。

ただ、「自分のビジネスを持つ」って所がマルチにとって都合がいいんですよね。

 

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

 

 

 

 そして舞台はマルチ本拠地へ

 ちなみにその頃、僕は社会人1年目です。

まだ慣れない仕事の中、寝る間を惜しんで「金持ち父さん」を読破し、彼女との約束の日を迎えました。

 

 

そして待ち合わせ場所につくと彼女が一言

「ここだよ!ここ!今日ここでクラブイベントやってるんだよね~

 

 

 

f:id:koduck110:20170422005305j:plain

「何言ってんだこいつ」

 

いや、「金持ち父さん」どこいった?

僕、必死になって読んできましたやん。クラブイベントって、「金持ち父さん」関係ないやん。

 

 

そう思ったのも束の間。

クラブ内に入ってみると、「自称:経営者」やら「自称:資産家」がウジャウジャいます。

f:id:koduck110:20170422005331j:plain

「やっぱさ、自分のビジネス持たなきゃダメよ」

 

 

 

「金持ち父さんここかよ」と思ったのも最後。

既に終電の時間は過ぎてますから、この苦痛なクラブ内に朝までいなきゃいけないわけです。

その時1月だったからね!

 

 

 

それから何人もの経営者(自称)や、資産家(自称)に囲まれて話を延々聞かされるわけです。

もう明け方4時くらいはこっちも変なテンションなっちゃってます。

 

 

「いま意識高い奴ら集めてんだ、ルームシェアしようぜ!」

「いいっすね!(←思ってない)」

みたいな。

 

 

 最後に

そのあとは「あっ、始発出たんで帰ります」って言って帰りました。以降連絡はとってません。

 

 

こうして文にしてみると「あからさまだろ!」とも思います。

けど、実際に自分が勧誘される立場だと「意外とわからないもんだなあ」と感じました。

 

皆さんマルチにはお気をつけて!