まいにー【MyNY】

育児の費用は月9万円。「考えておきたい子育て費用の話」

スポンサーリンク

こんにちは、コダックです。
結婚すると避けて通れないのが子どもの話。



先日こんな記事を書きました。
www.koduck.accountant
簡単に言うと「4人家族で、人並みの生活するには50万円もかかるんだってよ!どうする?」って話でした。


この記事書いた時は「いやいや無理だって!年収600万だぜ!?どーすんのよ」って感じだったんですよ。(泣)
でも、そんな事言ってもしょうがありません。







嘆いても僕の年収は上がらないからね!(号泣)
現実的に今の年収で子どもが産まれたとしたら、どーすれば良いか考えてみます。

子育て=「教育費+養育費」

子育てっていうと「私立の小学校に通わせて~、エスカレーター式で良い大学に進ませて~」なんて、いわゆる「お受験」を思い浮かべますが、それは教育の話。


実際には食費や衣服代も必要ですし、休みの日にはどこかに連れてってあげたいですよね。教育以外で必要となるお金、「養育費」がかかってくるわけです。
つまり、子育てにかかる費用っていうのは「教育費+養育費」になるんですよね。

結局いくらかかるの?

気になる教育費と養育費の合計ですが、以下の図が参考になるかと思います。

f:id:koduck110:20170419234558j:plain
引用元:
【保存版】子育てにかかる費用のすべてを解説します|ベネッセ教育情報サイト

一番安い「全て国公立パターン」で2600万円。
2,600万÷24年÷12ヶ月で計算すると、ひと月あたり9万円の出費が増えるという事。




つまり、子どものいない今の状態で月9万円の貯金が出来てる状況なら、金銭的な問題は無いわけです。






いや、無理じゃね?(切実)



一応ボーナスを含めれば、月9万、つまり年間108万円の貯金は可能です。
けれどこのご時世、ボーナスカットもありえます。

また、コダックの身に何かあったり、働けなくなった時の事も考えなければなりませんからね。
ボーナスに頼らない子育てプランも考えておく必要があります。


各種の助成金・手当を使用する。

一つの案としてはこれです。
てか現状これしか思い浮かばない。泣



うちの親は孫を熱望してるので、そりゃあ産まれたら可愛がってくれる事かと思います。
とはいえ年金暮らしの親に援助してもらうのは難しいです。なにより心苦しいからね!



子育て関連の助成金と言えば児童手当
これは子どもの人数や、親の所得にもよりますが


・生後~3歳までが月1万5千円
・3歳~中学生までが月1万円


となっています。(3人目からは3歳~小学生までが月1万5千円)
特に最初の3年間、一番大変な時期に年18万ももらえるのは大きいですね!

ちょっとまとめてみる

僕の会社は家族手当が子ども1人につき1万円出るので、合計して月2万5千円
現状で、月3万円ずつ貯金出来てるので不足分は3万5千円ですね。






おぉ!希望が見えてきた!


この金額なら貯金を切り崩していっても、しばらくは持ちそうです。
おまけにボーナスが出てる間は貯金に回す余裕がありそうですね。


最後に

子育てに関して。

僕は必要以上にネガティブになってたけど、そんな必要はないのかもしれません。
子育てって、軽く考えていいもんじゃないけど、悲観的に考えるもんでもないよ!








僕、まだ子どもいないけどな!←