まいにー【MyNY】

自分で投資するのと、どっちがいいの?『持株会に入るべきか』

スポンサーリンク

f:id:koduck110:20170413232559p:plain

 

こんにちは、コダックです。

 

自分の入社した会社が上場していると、「持株会」という制度があります。

 

この「持株会」というもの。

毎月、あらかじめ設定した掛金分を、給与天引きで自社株購入に充てるという制度です。

 

 

要は「資金増やしたいから、社員も会社の株を買ってね〜。」といった仕組みで、

財形貯蓄制度の一種として設けられてる所もあります。

 

 

 

そんな持株会ですが、コダックも以前入っておりました。

今は理由あって、やめちゃったんですけどね。

 

 

そこで、持株会をやめた今、実際に経験した立場から持株会について考えてみたいと思います。

 

 持株会のメリット

補助金が出る

直接的なメリットと言えばこれ。

会社毎で違いますが、大体年5%~10%程度の補助金や奨励金が出ます。

 

 

結局、投資って不確定な要素も多いので、確実に上がる株とか絶対損しない投資信託とかって分からないんですよね。

てか分かったら仕事辞めて専業投資家になりたい。(切実)

 

 

そうなるとNISAや確定拠出年金などの制度を利用したり、投資信託であれば信託報酬の低いファンドを選ぶなどの方法でリスクを削減していくしかありません。

 

 

確実に利益が出るという保証がない以上、補助金という確実なプラス要素

 あるっていうのは大きなメリットですね。

 

 

 

②給与天引きは貯金がしやすい

これはどっちかと言うと「利用する側の気持ち次第」ってとこもあるんですが、

 

 持株会に限らず「財形貯蓄」っていうのはお金を貯めるにはもってこいです。

 

 

貯金の鉄則は「先に貯金分を取り置く事」ですから、給与天引きで行われる持株会はピッタシなわけです。

 

 

 

持株会のデメリット

①引き出すまでに時間がかかる。

 

個人的にめっちゃ困ったのがこれ。

持株会の株を売りたい場合、とにかく時間がかかります。

 

 

持株会の株を売りたい場合、たいていは持株会から個人のもってる証券会社の口座へ株式を移管します。

 

そこから「通常の株式と同じように売却」という流れになっているので、普通の売買より確実に1工程分が手間なんですよね。

 

 

 そしてこの「持株会からの移管」がめちゃめちゃ時間かかるんですよね。泣

 

僕は結婚式の時にまとまったお金が必要で持株会の株式を売ろうとしました。

その時は2ヶ月かかりました。号泣

 

 

 

まず最初に会社の総務課へ「持ち株を個人口座に移したいんですけど~」と移管の申請をしました。

それから移管の承認、つまり「株売っていいよ~」って言われるまでに1ヶ月!(な、長い......)

 

それから証券会社との連携確認やら、移管手続きやらで実際に株を売れたのは、そこから更に1ヶ月後でした。

 

 

まあ、ここらへんは会社によりますけどね。

もっと早い会社は迅速な対応をしてくれると思います。

 

 

②売買のタイミング、量を調整しづらい

いつが買い時か、売り時か」、「どのくらい買えばいいか、売ればいいか」っていうのは投資の勉強をしていても中々分かるものではありません。

 

ましてやコダックレベルではさっぱりです。←

 

 

 

でも「明らかにこの株価は高すぎだろ」ってわかる時。

普通だったら買うのを控えたり、売ればいいだけの話なんですが、持株会の場合そうもいきません。

 

いくら割高だと思っても毎月、掛金分は確実に自社株を購入しなきゃならないわけですからね。

 

 

じゃあ、せめて持ってる分だけでも売っちまおう!」って思っても前述した通り売るのにも時間がかかりますから

 

実際に株を売った時にはとんでもない安値になっていた、なんて事もあるわけなんです。

 

 

 

 

 

てか僕がそうでしたけどね。号泣

 

 

最後に

他にも自社株を持つことで仕事のモチベーションが上がるなんて話もあります。

 

でも仕事のモチベーションをどこに頼るかっていうのはそれこそ各個人で違いますしね

 

 

僕は以前は月に3万円の掛金で持株会に参加していましたが、現在は月1万円の状態です。

各会社の財務状況、補助金などの制度体系にもよりますが、「他の投資に影響がないくらいの少額で、続けていくのが1番いいんじゃないかなあ」と思います。