まいにー【MyNY】

結婚しようか迷ってる?上手くいくコツを結婚1年目の新米旦那が語ってみた

スポンサーリンク

f:id:koduck110:20170402185955p:plain

こんにちは、コダックです。



結婚って幸せだ!





いきなりだけど、そう思うのです。

そりゃね、好きで結婚したんだからそりゃそうだろ!って話ですよ。




でも一方で「結婚すると相手のイヤな所も見える」とか言うじゃないですか(泣


そんなん聞くとめっちゃ怖いじゃないですか(号泣



実際、僕もそうでした。

ましてや僕の場合、妻とは付き合って1年ちょっとで結婚しましたからね。



あ、出来ちゃった婚じゃないですよ!(切実)





なんだかんだ考えた末に「結婚」という道を選んだわけです。


そんな結婚から今月で1年目。実際に結婚してみて、気をつけた方が良いと感じた事を語ってみます。



「違う環境を生きてきた他人」という意識を忘れない

夫婦なのに「元々は他人だから」と言ってしまうと寂しい感じもしますね。



でも、同じ環境で育った兄弟だって仲良しとも限りません。


ましてや違う環境で過ごして来た2人なわけです。




僕が「んっ?何か違くね」と引っ掛かるポイントと妻が引っかかるポイントは一緒じゃないんです。

そもそも、「相手が自分の事を理解してくれる」と誤解しちゃうのがいけないのかもしれません。



2人で別々の時間を持つ

これも大切。

人間って社会的動物ですから、コミュニティに属してないと生きてくことが出来ません。



仮にコダックが「いーや!僕は全然世の中と関わってないよ!」って言ってみたって無駄です。

家賃を払って家に住んでいる時点で、お金を払って食材を買っている時点で既に社会に属しているわけですからね。


でも、ずっと他人と関わりあうのも疲れます。

気の合う友達とだって、そう!夫婦だって24時間、ずっとくっついてはいられません。





だってたまには1人で漫画読んだりネット見たりしたいんだもの!号泣



結婚生活って長く続くものですから、「いかに楽しく過ごすか」も大事ですけど、「いかにストレスを減らすか」って事も大切だと思います。


「好き」という気持ちを相手に伝える事


結局はこれにつきます。

いままで挙げたことの他にもいろいろ「結婚生活のコツ」と呼ばれるものはたくさんあります。


「ルールをきちんと決める」とか「月に1度は2人きりでおでかけする」とか。

もちろん、そーいった事も大事なんだと思います。




けど、嫌いな人とやっても楽しくないんですよね。それ。


好きじゃない人と「月に1回、2人でおでかけする」のなんて、「参加したくない会社の飲み会にむりやり出席させられる」ようなもんです。



結婚生活のコツは色々あるかもしれませんが、結局のとこ、好きな人と一緒に生活するから楽しいんですよね。



「好き」の気持ちを伝えると相手も自分を好きになる?

ちゃんと「好き」って言葉に出して言ってますか?

なかなか日本人は感情を言葉に出さないと言われてますが、確かに典型的な日本人であるコダックもあまり言葉にして「好き」って言う事は少なかったです。


けれど、心理学の用語に好意の返報性というものがあります。

これは「好意を示された側は示した側の事を好きになる」というものです。




つまり「好き」って言葉に出して言う事は自分の好意を相手に示す為にも大切なんですね。




まとめ

好意は言葉で伝えよう!