まいにー【MyNY】

休みの日の過ごし方。休日にこなすべきタスクを決めよう

スポンサーリンク

f:id:koduck110:20170319092958p:plain 休みの前日ってテンション上がるよね!

何故っていうと当然その1日さえ乗り切ればあとは休日だし、仕事さえ終わってしまえば、ほぼ休日みたいなもんだからです。

 

 

なんせ明日は休みなわけですから、何をしても自由です。

友達と飲みに行くのも良いし、家でのんびり過ごすのも良いよね。

 

でも、寝る前の5分間。来たる休日に「何かするべき事がないか」を考える時間を取ると良いよ、というお話です。

 

 

 

予定の無い休日はついついダラダラしがち

休みの朝、ついつい布団から出れずに気づけば10時。「あ、やばっ。このままじゃ寝てるだけじゃん!」と焦ってみても、なんとなくだらだらとゲームしたり、ネットしたり。

 

もちろん、そんな日も大切です。

でも、だからってだらだらしたまま1日が終わってしまうとその日の夜がむなしいんですよね。

 

日曜の夜サザエさんを見ると「もう月曜か。。」ってなるあれです。

結局のところ「休日に何も成し遂げてない自分」が嫌になったり不安になるわけです。

そんな自分のまま月曜を迎え、また仕事が始まるという事実が不安を呼ぶわけです。

 

 

いくらイヤな仕事だからって、少なくとも先週まではちゃんと仕事してたわけですから。

休みを挟んだって仕事は仕事、日曜の夜だけ憂鬱になるのもおかしな話ですよね。

 

 

 

とりあえず何かすると、なんとなくメリハリがつく

「タスク」と言ったって「とりあえず」のタスクで全然良いのです。

休みの日にがっつり仕事や勉強すんのは絶対イヤですしね。

 

資格の勉強だって良いし、読書でも良いです。「とりあえず、この問題集の1章までやっとくか」とか「とりあえず、この本1冊読み切るか」みたいな

 

僕の場合はブログを書いたり、筋トレをタスクにする事が多いです。

で、それをするとなんとなく「やり遂げた感」が出てきます。「一応、今日やるべき事はやったしな」って感じです。

 

 

タスクはなるべく午前中に

半休、というか午後休を取った事がある人ならわかるかもしれません。

午前中仕事をして、午後から休みを取るとすごい開放感じゃないですか?

 

なんせ午前中に「仕事」という最大のタスクをこなしているわけですから、「もう俺を縛るものは何もない!」の精神状態で午後を迎えられます。

 

それと同じで、休日にやるべきタスクを設定したら、なるべく午前中に処理してしまいましょう。午後に何かしなきゃ!って思うとなんとなく午前中もだるいし。

 

 

まとめ

・休みの前日は寝る前に明日、やるべきこと(タスク)を考える。

・タスクはなるべく午前中に処理する。

とはいえタスクを真剣に考えすぎてもいけません。休みの前日の「なんか楽しい感じ」

が無くなっちゃいますからね。