まいにー【MyNY】

スランプは待つのが鍵。スランプの抜け出し方について

スポンサーリンク

f:id:koduck110:20170319092918j:plain  

こんにちはコダックです。

何かを始めてから、一番楽しい期間ってどの期間でしょうか。コダックの場合は自分の成長を実感出来た時です。

 

筋トレしてて、前より重い重量を扱えるようになった時や、鏡で見て筋肉が前よりついてるな〜、なんて実感してる時が一番楽しいです。

筋トレにせよ、仕事や趣味にせよ、上達してる間って楽しいですよね。そう、上達している間は。

 

一から十まで上手くいけば良いのですが、何事にもスランプというのはつきものです。

今回はそんなスランプからの脱出法についてです。

自信を無くすのが一番良くない。

とにかく、スランプに陥っている時というのは「何をやっても上手くいかない」と自信を失いがちです。

そして、そういう時ほどミスをしてしまったり、叱られたりと、嫌な事が続きます。

不思議な事に、理屈も根拠もありませんが、自信がない時やネガティヴになっている時ほど、どんどん負の要素が集まってきます。

そういう非論理的な領域は私たちの日常に、いくらでも残っています。 「馬鹿らしい」とか「結局、精神論かよ」と一蹴する事なく、早い段階での気持ちを切り替える事です。

少なくとも暗い人よりは明るい人の方が人望は得やすい筈です。

 

 

同じカテゴリ内で活躍出来る場所をもつ。

とはいえ、「気持ちを切り替える」と口で言うのは簡単でも、実行するのは簡単ではありませんよね。 何故なら失った自信は一度の成功では回復せず、継続して成功体験を反復する事で復活しているものだからです。

 

そこで、同じカテゴリ内でいくつか他の事を同時進行しましょう。 例えば、「仕事でつまづいた時は副業を初めてみる。」「筋トレでつまづいたらジョギングしてみる。」といった具合です。

 

カテゴリ分けはあなたの思う通りで構いません。

例えばカラオケ1つとってもそうです。例えばバンドをやっている方であれば「ギター」と「カラオケ」が一緒のカテゴリに入る方もいるでしょう。

ダイエットをしている方であれば「カラオケ」と「筋トレ」が一緒になる方もいるかもしれません。

もっと細かくカテゴリ分けして、「ベンチプレス」と「スクワット」を一緒にしても良いかも。

要は自分を納得させられるかどうかなのです。筋トレしていて「ベンチプレスの重量が伸びないな……」と思った時に「けどスクワットは伸びてるしな!」と思えることが大切なのです。 そして1つのカテゴリに分類するのは出来れば3つ程度が望ましいでしょう。 3つもやれば、1つがスランプに陥っても大抵残りの2つのうちどちらかは上手くいっています。

3つとも真面目に取り組んでいれば、1つくらいは順調に成長している筈です。3つ以上だとそれぞれの管理が難しくなります。

 

スランプで大切な事は待つ事です。意外と気付いたらスランプから抜け出せていた、なんて良くある事です。

何をやっても上手くいかない、とそこで折れてしまえばお終いです。何を置いてもまずは続ける、という事が大切な事なのです。