まいにー【MyNY】

今日は筋トレやめようかな?そんな時の為のやる気の出し方。

スポンサーリンク

f:id:koduck110:20170319084751j:plainこんにちは、コダックです。 1月も早いもので、もう25日になりましたね。 歳を重ねる程時間が早く感じるって言いますが本当ですね。 あっという間に1ヶ月が経ってしまいました。

限りある時間、有効に活用したいとはいえ、やる気がどうしても出ない時というのはあるもの。 「筋トレ行きたいけど何かだるくなっちゃった」「せっかくの休みだしどこか行きたいけどもうちょっと寝たい」などなど。

今回はそんな時の為のやる気管理法です。

まずは歩く。

まずは歩きましょう。それからハンドグリップ。これがオススメです。

何を言ってるんだこいつと思われるかもしれませんが私は本気です。

とりあえずやってみる。無理矢理でも取り組んでみる事でやる気が出てくる事を作業興奮といいます。

 

皆さんも経験ないでしょうか? イベント当日、行く直前はやっぱりやめれば良かったとか思ってたのに、いざ始まると楽しくなる事。

それと同じ事を無理矢理起こして、モチベーションを上げます。

 

ハンドグリップがオススメの理由

ハンドグリップを選ぶ理由ですが、筋トレ以外でまず使用する事のない器具である為、そのままトレーニングへの導入が容易である事が一点。 それから上腕は負荷をかけ過ぎなければ毎日トレーニング出来る部位である事、ハンドグリップは百円ショップなどで手軽に入手出来る事などが理由として挙げられます。 ハンドグリップをやって、少しやる気が出てきたら、そのまま腹筋運動やスクワット、ダンベルトレーニングなどというように、トレーニングの強度を上げていきましょう。 最後の方には筋トレが楽しくてしょうがなくなります。 パンプなんかしたら最高ですね。

 

とはいえ、手軽に出来る運動であれば何でも構いません。

この段階は作業興奮を起こす為のもので、いわば本作業の準備段階ですから手軽に行える事が最優先です。

 

 

頭の回転も上がる。

脳の中で運動系を担う領域は頭頂部近くにあります。 つまり、体を動かす事で頭のてっぺんまで血が回り、脳全体の血流が良くなるのです。 何か考え事をする時、歩きながら思考をするとアイデアが浮かぶのはその為です。

とはいえ、あんまり激しい運動をし過ぎると筋肉や、その他の箇所に血が回ってしまうので、かえって脳に血が回らなくなってしまいます。

適度な運動を心がけたいですね。 いかがでしょうか。

休みの日の朝などついついぼーっとしたまま過ごしてしまいがちですが、それだとあっという間に1日が過ぎてしまいますよね。

皆さんもやる気の出ない時、頭がぼーっとした時など、軽い運動をオススメします。