まいにー【MyNY】

やってみて!私の試したアトピー対策

スポンサーリンク

f:id:koduck110:20170319092926j:plain


こんにちは、コダックです。 最近特に乾燥がすごいですね。 私はもともとアトピー持ちなんですが、空気が乾燥する秋から冬にかけて特に酷くなります。

今回は私が実際に試して効果があると感じたアトピー対策の話です。

 

ピルクルビオフェルミン

アトピー性皮膚炎には腸内環境、いわゆる腸内フローラが関係してると言われています。 乳酸菌の力でアトピー性皮膚炎だけならず、花粉症などアレルギー全般に効果があります。

 

そこでみんな大好きピルクルです。もちろんヤクルトでもいいのですが、ピルクルと比べると価格が高めです。

私はとにかく早く効果が欲しく、がぶ飲みしたかったのでピルクルを選びました。

ただしピルクルはカロリーがめっちゃ高いです。

高カロリーの代表、コーラが500mlで230kcalに対して、ピルクルのカロリーは330kcalとそれ以上。

というのも乳酸菌は糖を分解してエネルギーに使用する為、必然的に乳酸菌飲料にはエネルギー源である糖が大量に入る事になるのです。

 

そんなピルクルをがぶ飲みした結果アトピーは少し良くなりましたが、激太りしました。

激太りしたくない方は適量(65ml)で抑えるか、ビオフェルミンなどの手段で乳酸菌を摂取しましょう。

私も今はビオフェルミンをメインで使用しています。

武田薬品工業 新ビオフェルミンS錠 540錠(医薬部外品)

ジョギング

アトピー性皮膚炎の原因の一つに、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンがあります。

ジヒドロテストステロンはテストステロンが変化したものであり、薄毛などの原因にもなってしまいます。

特に男性なら是非気にしたい所ですね。

 

ジョギングに限らず、運動すると汗をかきますが、発汗する事で体内のジヒドロテストステロンを排出する事が出来るのです。

 

サウナ

ジョギングと同様の理由でおすすめしたいのがサウナです。

サウナによって汗腺を刺激する事で発汗を促します。

またサウナは皮脂腺も刺激しますので、乾燥肌の改善によりアトピー性皮膚炎に対して二重の効果が見込めます。

 

 

 

いかがでしょうか。 以上が私の試したアトピー対策です。 私も高校を卒業するくらいまでは本当にひどいアトピーでした。 おまけに私の場合は思春期を過ぎてもアトピーが収まりませんでした。

上記の対策で、完治とまではいきませんが、大分マシになったと感じています。

アトピー性皮膚炎の原因は未だはっきりしておりません。もちろん全員に効果があるものとは限りませんが、一度試してみる価値はあるかと思います。