まいにー【MyNY】

風邪を1晩で治してみる

スポンサーリンク

f:id:koduck110:20170319093023j:plain 突然ですが風邪を引きました。コダックです。

体温:37.2℃(朝)→37.5℃(現在)

症状:悪寒、喉の痛み、食欲不振

 

今日の仕事をなんとか終えて帰ってきた所です。 土日休んでしっかり治したい所ですが、私の所属している部署は基本的に土曜も出勤で、明日も働かなくてはなりません。

経験上、このままいくと明日にはもっと症状が酷くなりそうです。 そのまま明日仕事をして、日曜寝たきりにはなりたくありません。泣

そこで、体に良さそうな物、諸々突っ込んで明日までに風邪を治したいと思います。

 

麻黄湯

麻黄湯は体温を上げる効果のある麻黄の他、咳や痰を抑える甘草も含有しています。 喉が痛い場合には抗炎症作用のあるトラネキサム酸も効果的ですが、市販薬の場合、ペラック錠など甘草を含むものが多いです。

甘草は1日5gが最大摂取量として定められており、それを超えると偽アルドステロン症という体液異常の症状が出る為、注意が必要です。 併用する場合は医療機関などでトラネキサム酸錠を処方してもらいましょう。(そもそも麻黄湯も一緒に処方されるかもしれませんが)

アルギニン、シトルリン

精力増強で有名なアルギニン、シトルリンですが、アルギニンはT細胞やマクロファージといった免疫細胞に働きかけ、免疫力を強化します。

また、シトルリンは体内でアルギニンへと変換されますので、可能なら併用するといいでしょう。

プロテイン

免疫細胞を作る主成分はタンパク質です。 そういう意味では単純に肉を食べるのでも良いですが、食欲が無いのは胃腸が弱っている証拠ですし、食べ物を消化する酵素を作るのにもタンパク質は消費されてしまうのです。

プロテインはタンパク質を素早く吸収するのに優れていますから、筋トレ後だけではなく、風邪の時にもぴったりな食材です。 また、更に吸収効率を高める為にも水で溶かして飲んだ方が良いでしょう。

はちみつ100%のキャンデー

単純に私が好きなだけですが、はちみつには抗菌作用があり、咳止めの効果が期待出来ますし、糖質の補給も出来ます。

同様に抗菌作用により、喉の粘膜に付着したウイルスを除去する手助けをする為、風邪予防の効果があります。

ちなみに一粒13kcal

 

ビタミンウォーター

これも私が好き、というか風邪の時も飲みやすいからなのですが、水分補給とビタミンCの補給による副腎への負担軽減を狙います。

ビタミンCは水溶性なので、多少の量であれば取り過ぎても体外に排出される為問題ありません。飲めるだけガブ飲みします。

 

風門を温める。

風門とは人の背中、肩甲骨の中間にあるツボです。東洋医学ではここから病気が入り込むと言われており、ここを温めることで悪寒に有効です。

睡眠

可能なら少しでも長く睡眠をとるべきです。

米国での実験結果によれば睡眠不足の人が風邪を引く割合は5倍以上との事。 ちなみに風邪をひいた時眠くなるのは、白血球が作り出すサイトカインの働きによるものです。 体は何が大事か分かってるんですね。

 

それではまた、風邪が治ったらご報告します。